2020年5月31日(日)正午までのご注文は 2020年6月15日(月)の発送予定です。
こもだる屋ドットコムこもだる屋ドットコム

長龍「吉野杉の樽酒」こも樽

奈良県の銘酒

日本最古の寺院として、又世界遺産としても名高い「法隆寺」から車で約15分のところにある蔵元です。
信貴山をはさんで反対側の大阪八尾にも酒蔵があります。

photo
アルコール度数 15度~16度
原材料
お米の名前 精米歩合:70%
日本酒度 0
備考

目指したのは、静かさとのどかさ。
「樽香の持つ静かさ、のどかさは、えも云えぬ”入神の逸品”であるとしみじみと味あわしてくれます。」 創業者 飯田弟一は吉野杉の樽酒をそう表現しています。
日本酒はすべて樽香の薫る樽酒であった時代もありながら、一升瓶を代表とする瓶入りの日本酒が登場してからは、いつしか樽の香りは一掃されてしまいました。杉樽は温度管理も難しく清掃も困難。保存状態や期間によって味が変化してしまう場合もある大量生産に向かないものであり、しかも高価であ

1923年(大正12年)創業。酒造り発祥の地、大和。そこに長龍の酒道場「大和 広陵蔵」があります。

広陵蔵では「熟練した南部杜氏による手造り醸造」と杜氏の経験と勘をもとにすべての工程をプログラミングした「コンピューター制御による醸造」を並立した、最高の設備で原料米に磨きをかけ、技を極めて酒造りに心血を注ぎ、奈良県の酒造蔵として初めて「全国新酒鑑評会」にて金賞を受賞(昭和55年)して以来、最近では平成27年に至るまで計10回の金賞受賞の栄誉に輝いています。

アルコール分:1

商品詳細

こも樽とは

菰(こも)とは、マコモという草を編んだむしろのことで、現在は一般的にはわらを用います。
わらの代わりにポリエステルなど新素材を用いたものもあります。その見た目は畳の表面のようです。
菰は、運搬時に樽本体が傷つかないように、緩衝や保護の役目を持っていましたが、表面に銘酒の名前や絵が刷り込まれたり、縄がけにも工夫を凝らすなど、化粧・装飾が時を経るごとに豊かになり、縁起物として用いられるようになりました。
鏡開きの際には、まず縄がけと菰を外す手間はありますが、
銘酒の名前や絵が大胆にあしらわれた菰樽は印象が華やかで、お祝いの席にはうってつけです。
菰樽では樽の横に穴を開けて蛇口を取り付けることはあまりなく、柄杓(ひしゃく)ですくってお酒を分けます。
飲みきれなかった時は別に容器を用意して柄杓でお酒を移していきます。


樽の大きさの参考
商品写真 商品名
容量(φ直径×高さ)
価格
(税別)
個数 ご注文ボタン
1升(1.8L)[1升瓶で1本分]
1升(1.8L)[1升瓶で1本分]
(φ19.0cm×20.0cm)
3,700円
2升(3.6L)[1升瓶で2本分]
2升(3.6L)[1升瓶で2本分]
6,500円
商品名 容量
(φ直径×高さ)
価格(税別) 個数 ご注文ボタン
1升(1.8L)[1升瓶で1本分]
(φ19.0cm×20.0cm)
3,700円
2升(3.6L)[1升瓶で2本分]
6,500円
菰樽は蔵元でも受注生産のため、12日~16日ほど後でのお届けとなります
なるべく早くご注文いただけますようお願いします。鏡開きの場合は、ご注文時に使用する日をお伺いして、逆算して1日~2日前に納品いたします
日本語サイト 英語サイト