2020年5月31日(日)正午までのご注文は 2020年6月15日(月)の発送予定です。
こもだる屋ドットコムこもだる屋ドットコム

長野県 七笑(ななわらい)「白梅」 普通酒

長野県の銘酒

飲めば笑いが絶えない、という伝承が残る木曾川源流の景勝地に名を発する「七笑」。趣き深い宿場町・木曽福島に香るキレ味よく透明な旨酒は、はるか御嶽山より蔵に湧く清冽な軟水で仕込まれています。

photo
アルコール度数 15度~16度
原材料
お米の名前
日本酒度 +2
備考

木曽谷をぬうように流れる清流・木曽川に流れ込む御嶽山の伏流水は、地下の濾過作用で含有物の少ない軟水として「七笑」の蔵にも湧き出しています。 醪の発酵が微弱なこの軟水で旨口の酒を造る「七笑」は全国的にもめずらしい二段仕込みです。この独特の方法が木曽の水を活かし、さらに「七笑」の味わいを決定づけています。

主な原料米は長野県産の酒造好適米「美山錦」。類い希なる水、米、そして高冷地特有の寒さによって、木曽を代表する名酒は生まれています。

軟水による造りは淡麗で旨味に乏しい甘口の

明治25年(1892年)創業の七笑酒造株式会社。
山紫水明の地、木曽谷で醸されたうまい酒、七笑「白梅」。

アルコール分:15.0
日本酒度:+1
酸度:1.2

商品詳細

こも樽とは

菰(こも)とは、マコモという草を編んだむしろのことで、現在は一般的にはわらを用います。
わらの代わりにポリエステルなど新素材を用いたものもあります。その見た目は畳の表面のようです。
菰は、運搬時に樽本体が傷つかないように、緩衝や保護の役目を持っていましたが、表面に銘酒の名前や絵が刷り込まれたり、縄がけにも工夫を凝らすなど、化粧・装飾が時を経るごとに豊かになり、縁起物として用いられるようになりました。
鏡開きの際には、まず縄がけと菰を外す手間はありますが、
銘酒の名前や絵が大胆にあしらわれた菰樽は印象が華やかで、お祝いの席にはうってつけです。
菰樽では樽の横に穴を開けて蛇口を取り付けることはあまりなく、柄杓(ひしゃく)ですくってお酒を分けます。
飲みきれなかった時は別に容器を用意して柄杓でお酒を移していきます。


樽の大きさの参考
商品写真 商品名
容量(φ直径×高さ)
価格
(税別)
個数 ご注文ボタン
1斗(18.0L)[1升瓶で10本分]
1斗(18.0L)[1升瓶で10本分]
(φ40.0cm×40.0cm)
32,000円
1斗(18.0L)[1升瓶で10本分]
1斗(18.0L)[1升瓶で10本分]
(φ50.0cm×50.0cm)
36,000円
2斗(36.0L)[1升瓶で20本分]
2斗(36.0L)[1升瓶で20本分]
(φ50.0cm×50.0cm)
54,000円
2斗(36.0L)[1升瓶で20本分]
2斗(36.0L)[1升瓶で20本分]
(φ60.0cm×60.0cm)
62,000円
4斗(72.0L)[1升瓶で40本分]
4斗(72.0L)[1升瓶で40本分]
(φ60.0cm×60.0cm)
95,000円
菰樽は蔵元でも受注生産のため、12日~16日ほど後でのお届けとなります
なるべく早くご注文いただけますようお願いします。鏡開きの場合は、ご注文時に使用する日をお伺いして、逆算して1日~2日前に納品いたします
日本語サイト 英語サイト